一般的な問題 Outlook会議で そして それらを修正する方法

Outlookは最も一般的に使用されている電子メールアプリケーションですが、多くの問題を抱えているOutlookであることは驚くことではありません。 Outlookの電子メールの問題、カレンダーの問題、または基本的に通信に関連するものは、特にOutlookが主にプロのセットアップで使用されていることを考慮すると、すぐに解決しない場合、組織に多くの問題を引き起こす可能性があります。 ここでは、このスペースで、特にOutlookの予定表/会議の問題について説明し、それらを解決するソリューションも提供します。

  1. 読み込まれていない会議出席者

会議出席依頼の作成中に発生する可能性のある最も一般的な問題の1つは、出席者が入力しないことです。 これは、会議出席依頼を作成する上で最も重要な段階であるため、出席者が読み込まれないと、会議出席依頼を作成できません。

この問題を解決するには、アドレス帳を更新します。 そうするには、

  1. Outlook > ファイル > アカウント設定を開きます
  2. 次に、 アドレス帳のダウンロードをクリックします
Outlook Meetingの問題を修正する方法ダウンロードアドレス帳
アドレス帳をダウンロード

これで、グローバルアドレス帳の新しいコピーがダウンロードされます。 それができたら、会議出席者は問題なくロードされるはずです。

  1. Outlookで会議が表示されない

会議が表示されない場合は、まずOutlookの予定表ビューに実際にいるかどうかを再確認します。 カレンダービューを開くには、左下隅で、カレンダーのように見える2番目のアイコンを選択します。 次に、以下の画像に示すように、画面の上部に表示されるカレンダービューを日単位、週単位、または週単位で表示するかどうかを選択できます。 理想的には、これはすべてのイベントを含むカレンダーを表示するのに役立ちます。

修正方法-見通し-ミーティング-問題-選択-カレンダー
カレンダーを選択
  1. カレンダービューをリセット

それでも問題が解決しない場合は、以下の手順に従ってカレンダービューをリセットできます。

  • Outlookを起動し、 カレンダービューを開きます
  • 次に、 [表示 ]タブをクリックし、 [ビューの リセット ]を選択します
修正方法、展望、会議、問題、リセット、ビュー
会議の問題のリセットビュー
  1. Outlook.exe / cleanprofileを実行します
修正方法-見通し-会議-問題-実行-クリーン-プロファイル
クリーンプロファイルを実行する

Outlook.exeの実行/ cleanprofileは、無効で破損したプロファイルキーを破棄して再構築するために使用されるコマンドです。 このコマンドを実行するには、[ スタート ]メニューをクリックし、 [ 検索]ボックスに次のコマンドを入力します。

「Outlook.exe / cleanprofile」

  1. 会議招集を送信できません

Outlookの新しいバージョンでは、これらの問題が修正されているため、通常この問題は発生しません。 ただし、比較的古いバージョンを使用している場合は、この問題が発生する可能性があります。ここでいくつかの修正を行います。

最初のトラブルシューティング手順として、会議出席依頼を直接送信してみてください。 つまり、会議出席依頼の作成時に、招待者のアドレスを受信者として含めるだけです。 Forward / Invite機能の使用は避けてください。

直接招待の方法を試しても問題が解決しない場合は、Outlook会議ツールを更新してください。 そうするには、

  • Outlookを開き、 [ファイル ]メニューをクリックします
  • 次に、[ Officeアカウント]を選択し、[ サインイン ]ボタンをクリックしてアカウントにログインします
  • 次に、[ 更新オプション ]の下の矢印をクリックし、[ 今すぐ 更新 ]を選択します
どのように修正する見通し会議の問題の更新見通し2
Outlookを更新する

もちろん、Microsoft Outlookの更新を自動的に更新するようにWindowsシステムをセットアップすることもできます。 これを設定しておけば、手動でアプリケーションを更新する手間をかける必要がありません。

Microsoft Outlookを自動的に更新するには、次の手順に従ってください。

  • Windows + Xをクリックして、 コントロールパネルを選択します
  • システムとセキュリティ] > [ Windows Update ] > [設定の変更]に移動します
  • Windowsの更新時に他のマイクロソフト製品の更新プログラムを提供する]を選択し変更を保存します

これで、Outlookカレンダーの最も一般的な問題とその解決方法がわかりました。 次に、Outlookの使用中に発生する可能性のある他の一般的な問題に進みましょう。 たとえば、PSTファイルの破損および関連する問題。 PSTファイルの破損は、ユーザーが直面する最も一般的な問題の1つであり、主にファイルサイズの問題、不適切な圧縮手順、ウイルス攻撃、PSTファイルへのアクセス時のシステムシャットダウンなどが原因で発生します。

Outlook PSTファイルを修復する

通常、PSTファイルのこのような破損は、電子メールの送受信、Outlookのフリーズまたはハング、Outlookの大幅なスローダウンなどの問題を引き起こします。 このような問題は、Yodot PST Repairソフトウェアと呼ばれるツールを使用して修復できます。 PSTファイルを修復し、電子メール、カレンダー、連絡先などの失われたOutlookデータを回復するのに役立ちます。このツールを使用して、 失われたカレンダーエントリを回復することもできます。

このPST Repairツールは、そのシンプルなデザインと使いやすさで高く評価されています。 PST修復用のソフトウェアをダウンロードしたら、3回クリックするだけです。 ソフトウェアは残りの修復プロセスを処理し、新しい健全なPSTファイルを生成します。 そのファイルがOutlookにインポートされると、すべてのOutlookデータにアクセスできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です