修正済み– Windows 10でのシステムバックアップの失敗

https://www.yodot.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/Backup-Failed-Windows-10.jpg

システムのバックアップは、システムの誤動作やウイルス攻撃などのイベントで非常に役立ちます。 重要なデータを使用している場合は、すべての時点でバックアップを作成することをお勧めします。

ただし、状況によっては、データのバックアップ時にエラーが発生する場合があります。 エラーには、「Windows 10バックアップの完了に失敗しました」または「Windows 10バックアップが正常に完了しなかった」などがあります。

この記事では、潜在的な理由のいくつかと、エラーを解決するためのソリューションについて説明します。

解決法 1: 以前のバックアップを削除する

以前のバックアップファイルが同じ場所にまだ存在する場合、システムバックアップを作成できない場合があります。 C:\ System Volume Information \に移動して古いバックアップを見つけ、「WindowsImageBackup」というフォルダーを見つけて削除します。 古いバックアップが必要な場合は、別の場所に移動してください。

解決法 2: システムファイルチェッカーを実行する

システムファイルの破損は、システムバックアップの作成を妨げる可能性があります。 この問題を解決するには、システムファイルチェッカーの略であるSFCが優れたツールです。 システムファイル内の破損を検出して修復します。 ツールを実行するには、

  • プレス Windows + X そしてオープン command prompt (Admin)
  • そして、「SFC / SCANNOW」と入力し、ヒット Enter
  • ツールの修復が完了したら、QUITと入力してコマンドプロンプトを終了し、システムを再起動します。

これで、システムバックアップを作成できるはずです。 それでもできない場合は、次の手順に進みます。

解決法 3: CHKDSKコマンドを使用する

破損したファイルが原因で、システムイメージを作成できない場合があります。 CHKDSKは、ファイルの整合性をチェックし、破損を修正する組み込みツールです。 CHKDSKを実行するには、

  • プレス Windows + X そしてオープン Command Prompt (Admin)
  • 型「CHKDSK <あなたのドライブ>:/ R」。

このコマンドは、指定されたドライブの破損の問題を修正します。 ハードドライブ上のすべてのパーティションに対して手順を繰り返します。 ツールがプロセスを完了するまでに時間がかかる場合があります。 破損が修復されると、システムイメージを作成できる場合があります。

解決法 4: システム保護をオンにする

システム保護をオンにしてシステムイメージを作成することが必要になる場合があります。 をつけるために、

  • スタートメニューを右クリックしてクリック Search
  • 検索バーに次のように入力します System
  • 次に、システムをクリックします。 システムウィンドウが開いたら、をクリックします System Protection 左側に開く System Properties
  • そして、システムの保護]タブに移動し、選択 Windows 10 (System) そしてクリック Configure
  • 選択するTurn on system protection そしてクリック Apply

解決法 5: ディスククリーナーまたはオプティマイザーを無効にします

バックグラウンドで実行されるディスククリーナーやオプティマイザーなどの一部のアプリは、特定の競合を引き起こし、システムイメージの作成を妨げる場合があります。 そのため、システムイメージを作成する前にこれらのアプリを無効にすることをお勧めします。

結論:システムのバックアップを考えており、不幸な状況やデータの損失に備えていることは素晴らしいことです。 ただし、データを失い、リカバリオプションを探している場合は、Yodotソフトウェアを使用してください。 パーティションのエラーによるものか、RAWハードドライブによるものかにかかわらず、すべてのニーズに対応する包括的なハードドライブ回復ソリューションを提供します。 ドライブをフォーマットした後、データを回復するためにも使用できます。 詳細については、参照してください。 フォーマットされたハードドライブのWindows 10からファイルを回復.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です