Outlook OSTをPSTに変換する必要があるのはなぜですか?

OSTファイルとは何ですか?OSTからPSTへの変換はなぜですか?

Microsoft Outlookは、さまざまなビジネス組織にとって最高のメッセージングアプリとして機能します。また、ほとんどすべての組織は一般に、内部および外部の通信にOutlookを使用しています。

また、ほとんどのOutlookユーザーは、オフラインストレージテーブルファイルをまとめるMicrosoft Exchange Serverアカウントを持っています。オフラインファイル(OSTとも呼ばれます)は、Microsoft Exchange Serverによって作成されます。基本的に、これらのOSTファイルはExchangeアカウントに関連付けられたキャッシュファイルです。

キャッシュが有効なモードのExchangeサーバーでアカウントが構成されている場合、OutlookはOSTファイルを生成して、オフラインモードで作業中にアクセスするデータを保存します。 OSTファイルには、システムのハードドライブにオフラインモードで保存されたすべてのメールアイテムが含まれています。

インターネット接続がない場合に行うすべての変更は、このOSTファイルに保存され、インターネット接続が再確立されると、Exchangeサーバーで変更が更新されます。つまり、アカウントにログインするたびに、OSTファイルはExchangeサーバーと同期されます。

これらのOSTファイルはOutlook PSTファイルと調和して機能するため、メール、会議出席依頼、配信レポートなどでメールボックスを最新の状態に保ちます。

OSTファイルではオフラインモードで作業できますが、いくつかの制限(必要性)があり、OSTファイルをPSTに変換する必要があります。

PSTファイルはプロファイルに依存しないため、Outlookプロファイルで開くことができ、そのデータにアクセスできます。

たとえば、別のOutlookアカウントに移動する場合は、OSTをPSTに変換する必要があります。これだけでなく、PSTのような別のOutlook互換のファイル形式にOSTファイルを変換する必要がある他のさまざまな状況があります。

Outlook OSTPSTに変換する必要があるのはなぜですか?

ケース1Exchange Serverのダウンタイム

Exchange ServerのダウンタイムまたはExchange Serverのメンテナンス期間中は、メールボックスにアクセスできません。ただし、ダウンタイムまたはメンテナンス期間中にメールボックスアイテムにアクセスする必要がある場合は、OSTファイルを使用する必要があります。ただし、ファイルはMicrosoft Exchange Serverと同期して機能します。

そのため、メールアイテムにアクセスするための唯一のオプションは、OSTファイルをPST形式にエクスポートし、それをOutlookプロファイルにインポートすることです。

ケース2Exchange Serverのクラッシュ

場合によっては、電力サージ、悪意のあるソフトウェア、ウイルスの侵入などのさまざまな理由により、Exchangeサーバーが警告なしにクラッシュすることがあります。クラッシュが深刻な場合、深刻な問題につながる可能性があります。また、MS Exchange Serverに接続できない瞬間に着陸することさえあります。

一般に、このような状況は本当にトリッキーで、混乱するのは困難です。このようなイベントの大部分は、通常のユーザーにとっては理解することさえ困難なエラーメッセージを繰り返し発生します。

ケース3:ファイルのアクセシビリティ

OSTファイルの最大の課題は、他のプロファイルではOSTファイルまたはそのデータ(1つのOutlookプロファイルによって作成された)にアクセスできないことです。これは、OSTファイルが生成されるたびに、暗号化コードが作成され、ファイルが特定のプロファイル(OSTファイルを作成した)に関連付けられるためです。また、ユーザーがOSTファイルを開くたびに、Outlookは暗号化コードを見つけようとします。コードがサーバーに保存されたコードと一致する場合、OSTファイルが開きます。そうしないと、ユーザーはOSTファイルにアクセスできません。

そのため、OSTをPSTに変換すると、データをある場所(アカウントまたはコンピューター)から別の場所に転送するのに役立ちます。

ケース4:破損

前述のように、OSTファイルを使用すると、Exchange Serverに接続していないときでも、電子メールを送受信および削除できます。また、接続が確立されると、すべての作業がExchange Serverと同期されます。つまり、オフラインモードで作業しているときにOSTファイルに加えたすべての変更は、サーバー接続の構築時にExchange Serverに反映されます。

ただし、このOSTファイルが破損すると、メールアイテム全体にアクセスできなくなります。また、破損したOSTファイルを修正することも大きな頭痛の種です。

  • 一般的に、OSTファイルは次の理由で破損します。
  • ファイル(Outlook)の不適切な終了
  • 突然のシステムシャットダウン
  • ソフトウェアの問題
  • ハードウェア障害
  • データベースの破損/損傷
  • サーバーの故障
  • ウイルス感染
  • 不十分なストレージスペース
  • ネットワークの不具合
  • 間違った設定

だから、それは賢明な決定です OSTをPSTに変換する, 破損したファイルを修正するのではなく.

これらのリストにある側面とは別に、ファイルへのアクセスを妨げるOSTエラーなど、OSTをPSTに変換する他のさまざまな理由を見つけることができます。

また、上記のすべての要素は、ユーザーがOSTファイルを操作するときに遭遇する可能性のある障壁を証明しています。

ユーザーがOSTファイルに保存されたデータを取得する場合、異なるプロファイルのOSTファイルにアクセスすることは大きな問題になります。したがって、それを可能にする唯一の方法は、OSTからPSTへの変換です。

OSTファイルをPSTに変換するには、さまざまな手動の方法があります。ただし、上級ユーザーでない限り、手動による方法は使用しないでください。問題が発生しやすいため。 OSTからPSTへの変換プロセスには、OSTファイルをPST形式に完全に変換できる専門ツールが必要です。これに最適なオプションは、Yodot OST to PST Converterのような信頼性の高いテスト済みのプロフェッショナルプログラムを利用することです。

このOSTからPSTへのコンバーターは、OSTを簡単にPSTに変換するための理想的なツールであることがわかります。 OSTファイルをPSTに簡単に変換できるように、自己学習型のインターフェイスと優れた技術支援を提供します。したがって、多くの時間と労力を節約できます。試すだけの価値があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です