セーフモードでも開くとOutlookがクラッシュする-修正方法

起動時にOutlookがクラッシュし続ける場合、ユーザーはセーフモードで起動します。 しかし、セーフモードでもOutlookがクラッシュした場合はどうでしょうか。 はい、あなたはそれを正しく聞いた!

奇妙に聞こえますが、これは事実です。 特別な場合には、MS Outlookを問題なく起動するのではなく、セーフモードで開いた場合でもMS Outlookがクラッシュします。 一方、あなたはまたに関連するエラーに気付くかもしれません MSPST32.DLL.

問題イベント名: APPCRASH”
アプリケーション名: Outlook.exe”
障害モジュール名: MSPST32.DLL” このエラーは、Outlook 2007Outlook 2010Outlook 2013、およびOutlook 2016バージョンで発生しました。

それでは、問題を見てみましょう-なぜ セーフモードでも開くとOutlookがクラッシュする これは何ですかMSPST32.DLL エラー? それらはどのように相関し、それを修正する方法ですか

MSPST32.DLLとは何ですか?

MSPST32.DLLは、Outlookに簡単にアクセスするために必要なMicrosoft Outlookの重要なファイルです。 この.DLLファイルが失われたり破損したり破損した場合、Outlookコンポーネントがアクセスできなくなるため、ユーザーはMicrosoft Outlookアプリケーションを開く際にさまざまな問題に直面する可能性があります。

したがって、.DLLファイルが影響を受ける場合、セーフモードで起動してもOutlookはクラッシュします。

MSPST32.DLLの破損または損傷の理由:

MSPST32.DLLファイルは、単独では影響を受けません。 Outlookで実行される不規則なアクションまたは操作、外部の危険などの側面は、欠落、削除、破損、または破損の原因になる可能性があります MSPST32.DLL ファイル。 したがって、セーフモードでも(MSPST32.DLLによる)Outlookがクラッシュする主な要因の短いリストを以下に示します。

  • MSPST32.DLLファイルの欠落/削除
  • 大きなPSTファイル
  • 無効または破損したMSPST32.DLLレジストリエントリ
  • MSPST32.DLLの上書きバージョン
  • Outlookでのウイルス感染
  • Outlookアプリケーションの不適切なインストール
  • Outlookを不適切に閉じる
  • 破損したPSTファイル
  • 破損/破損したシステムまたはシステムレジストリファイルなど

これで、セーフモードでOutlookがクラッシュする主な原因、つまりMSPST32.DLLエラーがわかりました。 それでは、問題の修正を始めましょう。

基本的なトラブルシューティングとして、効果的なウイルス対策ツールを使用してコンピューターで完全なウイルススキャンを実行します。 また、Windowsシステムを以前の復元ポイント(作業中)に復元してください。

これらの手法のいずれも役に立たない場合は、さらに情報をお読みください.

MSPST32.DLLエラーを修正する方法は?

ステップ1: MSPST.DLLファイルを修復する

ステップ2: MSPST32.DLLファイルを再インストールする

ステップ3: PSTファイルを修復する

これらの3つの手順で修復プロセスを実行し、各手順の完了後に問題が解決したかどうかを確認できます。

MSPST.DLLファイルを修復する方法は?

[スタート]メニューに移動して入力します command.

ホールドCTRL そしてShift 一緒にキーを押す ENTER ボタン。 次に、オプトYes.

次に、タイプ regedit Enterキーを押します。

の中に Registry Editor, バックアップするMSPST32.DLL関連キーを選択します。

に行く File メニューと選択 Export オプション.

記載先の場所 Save In タブで、ファイル名を入力し、選択したブランチが有効になっていることを確認して、Save ボタン.

これで、MSPST32.DLL関連のレジストリエントリのバックアップが正常に完了しました。 次に、MSPST.DLLファイルを手動で編集(修復)します。

注意: レジストリを手動で編集する手順は、リスクが高いため(このシステムに損傷を与える可能性があるため)、この記事には含まれていません。 そのため、レジストリの手動編集の詳細については、Microsoftの公式サイトを確認してください。

あぶない: 高度なPCユーザーでない場合は、Windowsレジストリを手動で編集することはお勧めしません。 レジストリエディターの使い方を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があるためです。

MSPST32.DLLファイルを再インストールする:

MSPST32.DLLファイルを提供するために利用可能なさまざまなサードパーティサイトがあります。 ただし、これらのサードパーティの「DLLダウンロード」サイトからMSPST32.DLLをダウンロードすることについては言及していません。 これらのDLLファイルは、ウイルスに感染しているか、承認されていない可能性があります(公式のMSPST32.DLL開発者によって承認されていない)。

したがって、MSPST32.DLLファイルを再インストールするには、Microsoftの公式サイトにアクセスしてコピーを取得することをお勧めします。

PSTファイルを修復:

Outlookを閉じ(タスクマネージャーで実行している場合)、ナビゲートします C:\Program Files (またはC:\Program Files (x86))

開く、Officeフォルダー、検索 SCANPST.EXE.

OutlookのOfficeフォルダー

  • 2016 -> root\Office16
  • 2013 -> Office15
  • 2010 -> Office14
  • 2007 -> Office12

走るSCANPST.EXE スキャンするファイルの名前を入力します(ファイル名が不明な場合は、 Browse オプション).

ヒットStart ファイルをスキャンするボタン。

スキャン後、エラーが検出された場合、修復する前にスキャンしたファイルのバックアップを作成することを選択し、をクリックします Repair ボタン.

修復プロセスの完了後、修復されたファイルでOutlookアプリケーションを開きます.

Scanpstを実行した後でも、エラーが引き続き発生する場合、またはOutlookが(セーフモードでも)クラッシュする場合は、試してください Yodot Outlook PST Repair.

業界の専門家が推奨しているように、Yodot Outlook PST Repairは破損したPSTファイルを修正する最適なソリューションです。 読み取り専用の修復モジュールは、セーフモードでもOutlookをクラッシュさせるMS Outlook PSTファイルのすべてのエラーをスキャンして修正します。

MSPST32.DLLエラーとともに、このツールはOutlookのPSTファイルが見つからない場合でも修復することができます予期しないエラーにより、Outlookでこのファイルにアクセスできませんでした, Outlookはこの要求を完了できませんでした。MicrosoftOutlookを起動できません。PSTファイルに開く権限がありません。その他のエラーもあります。 このユーティリティは、Outlook 2000、2003、2007、2010、2013、および2016バージョンの破損したPSTおよびOSTファイルを見事に修復できます。 さらに、このプログラムはWindows 10を含むすべてのWindowsコンピューターで実行できます。このツールのデモ版を試してみて、セーフモードの問題でも簡単に開くとOutlookがクラッシュするのを解決してください。.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です