XMLファイルを取得する方法?

“Windows 8オペレーティングシステムを使用して私の仕事が楽になりました。 ファイルへのアクセス、アプリケーションのパフォーマンスとスピードは目覚ましいものです。 私はウェブデザインアシスタントとしてデザインカンパニーで働いています。 私のオフィスワークの昨日の部分は残っていたので、私はUSBドライブでいくつかのXMLファイルを取った。 家に帰った後、私はラップトップを取り出して電源を入れました。 ペンドライブが接続されると、「デバイスはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか? USBドライブを取り外してデスクトップ上で使用しようとしましたが、問題は変わりませんでした。 今何をする? フォーマットオプションをクリックすると、そのファイルにあるすべてのファイルがなくなります。 私を助けてください! 私はそれらのファイルに緊急にアクセスする必要があります。 前もって感謝します.”

XMLファイルの損失がまれなケースではないので、あなたの心の中で上記の状況で、あなたはちょっと落ち着くことができます。 以下に挙げるのは、コンピュータからのXMLファイルの損失を引き起こすいくつかの理由です。将来的に役立つかもしれないので:

  • サードパーティのツール:テクノロジーの進歩により、サードパーティの新しいツールが開発され、特定のタスクをより迅速に完了するのに役立ちます。 しかし、いくつかのサードパーティのツールが貴重なデータ損失を招くXMLファイルを混乱させる可能性があるため、いくつかの欠点があります
  • 悪い分野:コンピュータにファイルが保存されるとき、それらはランダムに配置されます。 ファイルを頻繁に追加または削除すると、不良セクタが生成され、時間が長くなる可能性があります。 これらの不良セクタにより、ドライブが破損し、パーティションに保存されたXMLファイルが失われることがあります
  • Shift + Delete:Windowsシステムで不要なファイルや冗長なファイルを削除するには、Shift Deleteキーを使用するのが最も良い方法です。 これらのキーを同時に使用すると、削除されたファイル(XML)がごみ箱フォルダに入らないことを確認できます。 誤ってファイルを消去すると、必ず記憶メディアからXMLファイルが永久に失われます

ファイルの削除/消失は、デジタル世界で発生し続ける一般的なプロセスのようなものです。 上記のシナリオが発生すると、作業中のストレージメディアの種類にかかわらず、ファイルが削除または失われる可能性があります。 ファイルを失った後に何をすべきかは、あなたの心の中で最も起こっている考えです。 これらの考えが倍増する前に、あなたのXMLファイルを取り戻す際の回復手順を思いがけないYodot File Recoveryアプリケーションを見てください.

XMLファイルを取り戻すプログラム:

データ損失が発生すると、ユーザーは作業を遅らせることになります。 まあ、もはや、効果的なサービスと同様に Yodot ファイルの回復 ツールを使用すると、XMLファイルを損傷することなく、最小限の時間でリカバリ処理を完了できます。 XMLファイルのリカバリは、このリカバリ・プログラムには最高のユーザー・インタフェースが備わっていて、初心者のユーザーでも役立つ選択肢のリストが用意されているため、どこにいても構いません。 Yodot File Recoveryツールは、XMLファイルの回復を含め、ハードドライブ、外付けハードドライブ、ペンドライブ、メモリカード、その他のストレージデバイスからさまざまなファイルを取り戻すことができます。 このアプリケーションは、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、Windows Server 2003および2008のような異なるWindows OSに簡単にインストールできます。復旧処理中に技術サポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください / 7技術チームが、あなたの問題を最も望ましい結果で解決します.

削除/失われたXMLファイルを復元するための簡単なガイドライン:

  • Yodot File Recoveryプログラムをダウンロードし、ローカルシステム管理者としてログインしてソフトウェアをインストールしてください
  • インストールプロセスが完了すると、デスクトップ上にショートカットアイコンが表示されます
  • [削除されたファイルの回復]または[失われたファイルの回復]のいずれかのオプションをクリックすると、XMLファイルが失われます
  • XMLファイルを救済する必要があるパーティションを選択します。
  • パーティションが選択されると、ユーザーはスキャンプロセスを開始できます
  • スキャン処理が完了するとすぐに、回復したファイルを「ファイルタイプビュー」と「データビュー」オプションで表示できます
  • 抽出する必要のあるXMLファイルをクリックし、次のウィンドウに進みます
  • XMLファイルを保存できる場所を選択する

予防措置:

  • ウイルス対策アプリケーションがアップグレードされていることを確認する
  • 別の記憶媒体にXMLファイルのバックアップを保存する
  • 未知の第三者ツールを使用してXMLファイルを開くことは避けてください