PSTファイルのOutlookのエラー0x80070057がを解決

Microsoft Outlookが多くのユーザーが自宅管理し、オフィスのデータのために役に立つことを究極的な電子メールクライアントです。別に/送信メールを受信してから、Outlookがアクセスして、さらにはネットワーク接続なしでリモートデスクトップ上など連絡先、タスク、カレンダーイベント、雑誌、などのメールアカウントの詳細を変更するための最良の機能を提供します。このように、多くの組織およびホームユーザーは、自分のメールアカウントを管理するためにOutlookを使用して好みます.

しかし、ユーザーの間でパニックを作成し、この優れた電子メールクライアントでの特定の問題があります。このような問題の1つは、アクセスまたはOutlookを開いている間にエラーの登場です。 Outlookのエラーに対処しながら、ユーザーは全体の来る別のエラーコードがあり、そのうちの一つは、エラーコード0x80070057があります。このエラーを修正する方法を知っている前に、私たちはまさにこのエラーコードが何であるかを知るようになってみましょう?

“不明なエラーが、エラーコードを発生しました:0x80070057が”??

このエラーメッセージは通常のOutlook2010および2007のバージョンで発生します。一般ユーザは、次の状況でこのエラーコードを体験:

  • Microsoft Exchange ServerにOutlookのアカウントを接続している間
  • 送信をクリックしたときに/ボタンを受け取ります
  • Exchange Server 2003の上に新しいOutlook2010プロファイルを作成中

上記のOutlookのエラーに遭遇した後、ユーザーは/送信するすべてのメールを受信またはOutlookが応答を停止することはできません。自動アカウントセットアッププロセスを使用して、新しいOutlook2010プロファイルを作成するときにこのエラーメッセージの原因は、Outlookプロファイル、Outlookの不適切なシステムにインストールされ、無効なレジストリ設定、PSTファイルの破損、OutlookのPSTファイルにウイルス感染の不適切な構成とすることができ。これらの主な原因は、Outlookのメールアカウントにエラーメッセージをトリガすることができます.

どのように「不明なエラーコード:0x80070057が「修正する見通しに?

Windowsデスクトップ上のOutlookのエラー0x80070057がを解決するためにいくつかの便利なソリューションがあります。エラーを修正するには、これらの操作を実行します。

  • MS Outlookのアプリケーションを再インストールします
  • SCANPSTを修復ツールを作成し使用することはPSTファイルを破損して修復するには
  • 新しいアカウントを作成する際には、コントロールパネルで適切なのMS Exchange Serverの設定を構成します

これらのメソッドは、Outlookのエラーコード0x80070057がを修正できない場合は、唯一の解決策は、サードパーティのPSTファイルの修復ユーティリティのために行くことです。そこのMS Outlookでの問題を解決するには、Outlookの修復ツールの十分があるので、問題は最高の効率的な修復ツールを選択する際に発生します。しかし、ここで与えられ、簡単にWindowsのPCのOutlookのエラー0x80070057が問題を解決することができ、最も安全で最良のOutlookの修復ソフトウェアの中の1つです.

Outlookのエラーコード0x80070057がを修正するためのツール:

Yodot OutlookのPSTファイルの修復 Microsoft OutlookのPSTファイルの加工のばらつきを修正するための最も推奨されるソフトウェアです。かかわらず破損の理由は、このソフトウェアは、Windows OSコンピュータ上のOutlookのPSTファイルとOSTファイルを修復することができます。ソフトウェアは、それが修復処理中に、PSTファイルの内容には影響しません読み取り専用補修アルゴリズムが含まとして使用する信頼できます。これは、読み込み、元のPSTファイルからデータをコピーし、新しいPSTファイルを作成し、その中での問題を修正します。 CRCエラー、PSTファイルのヘッダーの破損、同期エラー、ウイルス感染などには、Outlook2000、2002、20072003、Outlookとで作成したPSTファイルを修正するために、このPSTファイルの修復ツールを使用することができるためあなたが原因とOutlookデータファイルのさまざまなエラーを解決することができます2010年バージョン。また、このツールは、Microsoft Exchange Server5.0、5.5、2000年、2003年、2007年および2010年のバージョンからOutlookのOSTファイルを修正することができます。

Outlookの0x80070057がエラーコードを修正する手順:

  • あなたがそれを開いている場合は、Outlookアプリケーションを終了し、影響を受けたPSTファイルのコピーを保存しておきます
  • お使いのWindowsシステムにYodot OutlookのPSTファイルの修復ツールをダウンロード
  • インストールし、継続的な指示に従って、ツールを起動
  • メイン画面では、以下のように3つのオプションがあります
  • 「オープンPSTは、「- PSTファイルの場所が分かっている場合は、このオプションを選択します
  • 「PSTを探す」- このオプションを選択して、システム上のPSTファイルの場所が不明な場合
  • 「Outlookプロファイルの選択」- 複数のOutlookプロファイルがある場合は、このオプションのために行きます
  • あなたが参照してPSTファイルを選択すると、修復]ボタンをクリックします
  • ソフトウェアは、PSTファイルに関連付けられているすべての凹凸をPSTファイルをスキャンし、修正します
  • 走査プロセスの完了は、プログレスバーによって知られているであろう
  • [プレビュー]オプションを使用して、Outlookのメールボックスのパターンで修理PSTファイルから回収された属性を見ます
  • 次に、あなたのシステム上の宛先の場所を選択し、修復OutlookのPSTファイルを保存

重要な注意:

  • 見通しに新しいプロファイルを作成する前に、適切な手順に従い、十分な知識を持っています
  • 悪質なウイルスの侵入を避けるために、システム上の効率的なウイルス対策ソフトウェアをインストールします
  • オフラインモードでOutlookにアクセスしながら、適切なサーバーの設定を確認してください

関連記事