自分の画像フォルダを復元するには?

‘「マイピクチャ」は、写真が保存されるほとんどのWindowsオペレーティングシステムに存在するデフォルトのフォルダです。 このフォルダの主な目的は、ファイル形式に関係なく、すべての画像ファイルを保存することです。 これらの写真ファイルにアクセスするには、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、指定したリストから[マイピクチャ]オプションを選択します.

“私たちは近くのリゾートへの最近の旅行をしていました。この期間中、私はカメラで多くの写真を撮りました。 帰ってから、撮った写真を見たいと思っていました。 そこで私はカメラをWindows PCに接続し、すべての画像を「マイピクチャ」フォルダに転送しました。 私はこれらの思い出深い瞬間を見ていたので、システムに突然停電があり、電源が切れました。 システムをオンにすると、私の驚いたことに、私の写真フォルダからの写真のいくつかが欠落していました。 今何をする? それらを元に戻す方法はありますか??”

OSが重要なイメージファイルの損失に対して完全な保護を提供しないため、写真の損失はいつでも発生します。 リラックス! 心配する必要はありません! あなたの写真は以前に保存されたのと同じ場所に存在します。 これらのピクチャに関連付けられたインデックスエントリのみがファイルアロケーションテーブルから削除されます。 Windowsシステムでの写真の紛失や削除は、最高の写真復元ツールを使用して簡単に検索できます.

マイピクチャフォルダの紛失または削除は、:

  • OSのインストールプロセス中に意図しないパーティションフォーマットが発生すると、それぞれのパーティションに存在する「マイピクチャ」フォルダが失われる可能性があります
  • 誤って他のフォルダではなく自分の画像フォルダを選択すると、Shiftキーを使用して削除すると、フォルダを迂回すると永久に削除されます。
  • ウイルスはまた、すべてのコンピュータからのイメージの損失の主な理由の1つと考えられています。 ファイルシステムに損害を与え、My Picturesフォルダに保存されている画像

それにもかかわらず、これらの理由のためにシステムから失われた写真は、優れたフォトリカバリアプリケーションを利用して取り戻すことができ、多くの業界専門家がYodot 写真の回復ソフトウェア.

熟練した画像回復ツールについて:

Yodot 写真の回復 さまざまなシナリオのために、自分の画像フォルダから失われたり削除された画像を戻すために使用される最もよく知られている画像復元アプリケーションです。 強力なスキャンアルゴリズム、Save Recoveryセッション、Findツール、保存する前にメディアファイルをプレビューするオプションなどを含めるなど、Yodot Photo Recoveryユーティリティの最も話題の機能の一部です。 この写真回復ソフトウェアを使用すると、ユーザーはシステムから写真を回復するだけでなく、Windows OS上の外付けハードドライブ、ハードドライブパーティション、メモリカード、ペンドライブ、FireWireドライブ、およびその他のストレージメディアからメディアファイルを取り戻すことができます。 回復プロセスが完了すると、ユーザーは「データビュー」と「ファイルタイプビュー」の2つのビューでファイルタイプを並べ替えることができます。 必要なビューを切り替えて、イメージファイルの保存に進む.

Windowsシステムからマイピクチャフォルダを復元する手順:

    • ローカルシステム管理者としてログインして、システムにYodot 写真の回復アプリケーションをダウンロードしてインストールします。
  • インストール処理が完了するとすぐに、デスクトップにショートカットアイコンが表示されます
  • プログラムを起動し、ツールのメイン画面に表示される指示に従います
  • 削除された写真の回復と失われた写真の回復は、現在のオプションです。 写真を失う原因に応じて目的のものを選択する
  • このオプションが選択されると、コンピュータに存在するドライブが提供されます
  • 写真が失われた場所から1つを選択し、次のウィンドウに進みます
  • ここでは、特定の写真ファイルタイプを選択するか、[次へ]ボタンを選択してスキャン処理を開始できます
  • 完了すると、復元されたイメージファイルがリストされ、目的の保存場所に保存する前にプレビューすることができます

安全上のヒント:

  • 自分の画像フォルダから画像をコピーする際に、外部記憶メディアを急に削除しないようにする
  • すべての画像のバックアップを別の外付けハードドライブに保存する
  • 互換性のないサードパーティのアプリケーションをシステムで使用しないようにする