MS PowerPoint 2007ファイル修復ユーティリティ

“私は、特定のフォーラムで与えられたすべてのソリューションを試してみましたが、どれも働いていませんでした。私は私の仕事目的のために自分のラップトップにPowerPoint 2007ファイルを用意しました。ペンドライブのプレゼンテーションファイルを私の大学に持ち込んで、私が作成したプレゼンテーションをほぼ1週間で説明しました。ペンドライブを差し込むと、システムは自動的にペンドライブ全体をスキャンしました。スキャンの完了後にプレゼンテーションをチェックインしたとき、私はそれにアクセスできませんでした。それは何らかのエラーを報告していた。誰でもMS PowerPoint 2007ファイルでこの問題を解決する方法を教えてください。ありがとう! "

Microsoft Office 2007は、ほぼすべてのシステムに存在する最も有名なプログラムと考えられています。 Microsoft Office 2007には、Word、PowerPoint、Excel、Outlookなどのさまざまなアプリケーションがあり、ドキュメンテーション、プレゼンテーション、コミュニケーションなどのタスクを容易にします。 PowerPointユーティリティは、企業のオフィス、教育機関、家庭など、あらゆる分野でさまざまなタスクのプレゼンテーションを作成するために使用されています。膨大な使用とファイル共有機能により、MS Office PowerPoint 2007ファイルは破損しやすく、開こうとすると異常な動作をする傾向があります。以下は、Microsoft PowerPoint 2007ファイルを損傷する可能性のあるいくつかの問題です:

  • システムのハードドライブへのウイルス/マルウェアの攻撃がPowerPoint 2007ファイルを壊して読み取り不能になる
  • システムのレジストリエラーにより、MS PowerPoint 2007プレゼンテーションファイルを含むtに保存されたすべてのファイルが破損し、ユーザーが使用できなくなることがあります
  • システムのレジストリエラーにより、MS PowerPoint 2007プレゼンテーションファイルを含むtに保存されたすべてのファイルが破損し、ユーザーが使用できなくなることがあります
  • 2007年のPowerPointファイルをストレージドライブから別のドライブに転送した後に、インターネットやCRCエラーからPowerPointファイルを不適切にダウンロードすると、プレゼンテーションファイルが破損する

PowerPoint 2007ツールを使用して作成したプレゼンテーションには、多数のスライドを含めることができます。 上記の問題のいずれかがPowerPoint 2007ファイルに影響するか、ユーザーがスライドにアクセスするのが困難な場合があります。 手動でPowerPoint 2007ファイルを修復する方法はありませんので、問題を解決するのに有効なPowerPoint 2007ファイル修復ツールを利用する必要があります.

PowerPoint 2007ファイル修復ユーティリティ

Yodot PPT修復ソフトウェアは、どのシナリオでも破損するPPTXプレゼンテーションを修正するためのプロフェッショナルなPowerPoint 2007ファイル修復アプリケーションです。 強力な修復技術の助けを借りて、ユーザーは簡単にスライド、表、テキスト、画像、フォーム、ハイパーリンク、ヘッダーとフッターなどのPowerPointプレゼンテーションからすべてのファイルの内容を修正し、復元することができます。 ; たとえば、このツールを使用すると、ユーザーは PowerPoint 2007で開いていないエラーPPTXファイルを解決する, PowerPoint 2007ファイルのオープンが拒否されたときに、PowerPoint 2007などでこのファイルを読み込んでいるときにエラーが発生しました.PPTXファイル以外にも、Windows OSで.pptおよび.ppsファイル形式のプレゼンテーションファイルを修復できます。 PowerPoint 2007のファイル修復が完了すると、プレゼンテーションファイルをプレビューしてユーザー指定の場所に保存できます.

注意: あなたがしたい場合は どのように開くされない破損PowerPointファイルを修正するには 操作は、このソフトウェアを使用することができます.

WindowsシステムでPowerPoint 2007ファイル修復ツールを使用する際のガイドライン

  • ダウンロードとインストール Yodot PPT修復 ローカルシステム管理者としてログインして健全なPCにソフトウェアをインストールする
  • プログラムを起動し、ソフトウェアのメイン画面から「参照」ボタンをクリックしてPowerPointファイルを選択します
  • PowerPointファイルが選択されたら、をクリックします ‘Repair’ 修復処理を開始するボタン
  • 修復の進捗状況は、次の画面に表示される進捗バーの表示で確認できます
  • 修復手順が正常に完了すると、ユーザーにプレビューオプションが提供されます
  • 修復されたPowerPointプレゼンテーションをプレビューした後、次の画面に表示される「参照」オプションを押して修復されたPowerPoint 2007ファイルを保存する必要のある場所を選択します

安全対策

  • 信頼できるストレージドライブ上でPowerPoint 2007ファイルをバックアップすることは、実際には定期的に実行する必要があります
  • PowerPoint 2007ファイルの破損を防ぐための正しい手順に従って、任意のプログラムのインストールおよびアンインストールプロセスを実行します
  • ネットワークを介して異なるシステム上でPowerPoint 2007ファイルを共有することを避ける