PowerPointがHlink.dllエラーを読み込みに失敗しました修正する方法?

Microsoft OfficeのPowerPointは、人々の注目を得るために魅力的で印象的なプレゼンテーションを作成するための強力なツールです。関係なく、フィールドの、一人ひとりのユーザーは、PowerPointアプリケーションを使用すると、特定のタスクを達成することができます。一つは、PPTファイルのなどの画像、サウンドエフェクト、クリップアート、表、ハイパーリンク、アニメーションを埋め込むことができます。これらの事業体の中では、ハイパーリンクは、指定された情報のリンクを含めることにより、プレゼンテーションスライドを軽減する機能を提供。

有効にし、PowerPointファイル内のハイパーリンクを挿入するためには、異なるモジュールおよびプログラムファイルが必要になります。ダイナミックリンクライブラリすなわち「Hilink.dllは、「リンクを埋め込むためにWebデザイナーやPowerPointのユーザーへのハイパーリンク機能を提供する上で重要な役割を果たしています。過使用またはhlink.dllの誤用があるときしかし、これらのハイパーリンクは、エラーの影響を受けやすくなります。

時には、交換またはHlink.dllの互換性のないバージョンのために、プレゼンテーションファイルの破損の原因となります。いくつかの状況では、Hlink.dllは行方不明または破損取得し、下記のようにHlink.dllとエラーに弱いのロードに失敗あなたのPowerPointファイルを行います。

  • マイクロソフトPowerPointは「hlink.dll"をロードできませんでした
  • PowerPointはへのハイパーリンクを作成できませんでした[空白]
  • 「hlink.dll"をロードすることはできません
  • マイクロソフトPowerPointは「hlink.dll"ロードすることはできません

上記のエラーメッセージが発生した後は、PowerPointのファイルにアクセスするために失敗し、最終的には、そのデータにはアクセスできなくなります。

PowerPointがを修正する決議は「Hlink.dllの読み込みに失敗しました":

Hlink.dllライブラリファイルは、Microsoft Internet Explorerのインストールが付属してアーカイブされたCABファイルに格納されています。この問題を解決するためには、あなたはそれが存在するとMS Internet Explorerを再インストールする場合Hlink.dllファイルを削除する必要があります。場合は、あなたの本質的なPowerPointファイルは、それがHlink.dllファイルをロードするために失敗した場合、その後Yodot PPT修理のような関連するPowerPointファイルの修復ソフトウェアを使用して破損しています.

PowerPointのファイルの修復ソフトウェア:

Yodot PPT修理 アプリケーションは、Windowsのデスクトップ/ラップトップの「hlink.dll"ロードできないエラーが発生した後、PowerPointのファイルを修正するためのプロフェッショナルツールです。このPPTファイルの修復ソフトウェアは、インストールが簡単で、使いやすいグラフィカルユーザインタフェースの支援を受けて、正常にPowerPointのPPT/ PPTXプレゼンテーションを修復することができます。別にHlink.dllエラーから、このツールは、簡単に起因するようにCRCエラー、ヘッダの破損、ウイルス感染とに破損しているPowerPointのファイルを改修することができます。このパワーポイントファイルの修復プログラムは、Windows8、Windows 7は、Windows Vistaでは、Windows XPでは、Windows Server 2003および2008とサポートされているMS PowerPointのバージョンに簡単にインストール可能である2000年、2002年、2003年、2007年と2010年です。

PowerPointがそのHlink.dllファイルをロードに失敗したときの手順を修正します:

  • Yodot PPT修復プログラムをダウンロードし、お使いのWindows PCにインストール
  • アプリケーションを起動し、メイン画面の指示に従ってください
  • それはそのHlink.dllファイルをロードするために失敗した後、「参照」をクリックしてボタンを押すと、破損したPowerPointファイルを選択します
  • そのPowerPointプレゼンテーションを修正するための「修理」オプションで[次へ]をクリックします
  • あなたは、プログレスバーを観察することにより、PPTファイルの修復プロセスの状況を検査することができます
  • 固定PPTファイルの説明をプレビューする「プレビュー」オプションを選択します
  • 固定PowerPointファイルを保存するために、お好みの場所をブラウズすることにより、修復プロセスを締結

役に立つヒント:

  • それはあなたのプレゼンテーションで保護されていないネットワークのオーディオやビデオをリンクしないように示唆されています
  • 前述したように、常にいくつかの論理的なエラーを回避するために、MS PowerPointでHlink.dllの互換性のあるバージョンを使用します
  • ウイルスから無料であなたのシステムを維持し、あなたの本質的なPPTファイルへの破損を避けるために更新アンチウイルスアプリケーションを使用してください
  • あなたの本質的なPowerPointプレゼンテーションのバックアップを維持します

その他の人気のソフトウェア

Yodot DOC修理

修復し、破損した。DOCや損傷のいずれかのタイプのために動作しません。DOCXファイルから貴重なコンテンツを抽出します。シンプルで使いやすいインターフェースは、いくつかのキーストロークで破損したWord文書を修復するのに役立ちます。

 

YodotのZIPの修復

破損したZipファイルを持っている? Yodotジップ修復ツールの修理、およびためCRCエラーのアクセスできない、または破損されたZipファイルからZipファイルの内容を回復し、ダウンロード·エラーなどのソフトウェアは、Zipファイルの迅速、安全かつ簡単に修理を提供します。