PowerPointファイルが起動していない後の修復

“私のPowerPointアプリケーションには何が起こったのかを見分けることができません。なぜなら、それはいくつかのPowerPointファイルを起動していないからです。 PowerPointアプリケーションまたはPowerPointファイル自体に問題があることを示していますか? 同様の問題に遭遇したことがある人は誰でも、私に明快さをください! また、起動していないPowerPointファイルを修正するためのあなたの貴重な解決策を共有してください。”

PowerPointは、Microsoftによって導入されたプレミアムプレゼンテーションアプリケーションです。 このソフトウェアを使用すると、ユーザーはさまざまな目的のためにスライド形式のインタラクティブプレゼンテーションを作成できます。 ただし、PowerPointのPPTファイルまたはPPTXファイルを起動する際に、PowerPointユーザーは問題に直面します。 重要なPowerPointプレゼンテーションを開こうとすると、PowerPointアプリケーションが起動しない場合があります。 それらのいくつかについて説明しましょう。

  • Windows PCで開かれたアプリケーションが多すぎるとPowerPointツールがプレゼンテーションファイルを起動できなくなる
  • PowerPointファイルを開こうとしているWindowsの各ハードディスクパーティションまたはRAMの空き容量がこの問題の原因である可能性があります。
  • MS PowerPointアプリケーションの誤動作、PowerPointソフトウェアの突然の終了、PowerPointの不十分なアドインや不適切なアップグラデーションは、PowerPointファイルを開くことを可能にしないでしょう
  • PowerPointツールは、ウイルス攻撃、ファイルの取り扱いミス、その他の理由で破損または破損した場合、プレゼンテーションを起動しません。

PowerPointアプリケーションを再起動または再インストールすることでこのような状況を克服することはできますが、起動していないMicrosoft PowerPointファイルを手動で修正することは不可能な場合があります。 気にしないで! このような状況では、あなたはWindowsコンピュータ上で起動しないPowerPointファイルを修復するために効率的なプレゼンテーションファイルの修復ソフトウェアを使用することができます。

PowerPointファイル修復ソフトウェア:

Yodot PPT RepairはWindowsシステム上のPowerPointアプリケーションによって起動されないMicrosoft PowerPointファイルを徹底的に修復することができるそのようなツールです。 このソフトウェアは、PowerPointファイルを開かないでスキャンし、破損した部分を修正し、そのテキスト、クリップアート、フォーマット、アニメーション、表、画像、その他のオブジェクトを修復するために高度なアルゴリズムを使用しています。 できます , PowerPointファイルが指定されたファイルのエラーを開くことができません、PowerPointファイルが使用中のエラー、PowerPointのパスまたはファイル名が無効なエラーであり、さまざまな理由により多くのエラーが発生しています。 さらに、このユーティリティは、Microsoft Office PowerPoint 2000、2002、2003、2007、2010、および2013バージョンで作成されたPPT、PPTX、およびPPSなどのさまざまなPowerPointファイルタイプを修復します。 このプログラムは、Windows 8.1、8、7、Vista、XP、2008、および2003オペレーティングシステムでうまく動作します。.

PowerPointが起動していないときに修正する簡単な手順:

  • ダウンロード ヨドーPPT修理 ソフトウェアをインストールし、Windowsコンピュータにインストールする
  • アプリケーションを実行し、メイン画面に表示される指示に固執する
  • 最初の画面から、 “Browse” アクセスできないPowerPointファイルを選択するボタン
  • その後、をクリックしてください “Repair” PowerPointファイルの修復処理を開始するボタン
  • ステータスバーを見て修復プロセスを観察する
  • 完了後、このツールは修正されたPowerPointファイルを表示します。
  • 「プレビュー」オプションを使用して、PPTまたはPPTXプレゼンテーションファイルをプレビューできます。
  • 最後に、“Save” 修復したPowerPointファイルをWindowsのハードドライブまたは他の記憶装置の希望の場所に保存するボタン

重要なヒント:

  • 常にPC上で重要なPowerPointファイルの複数のコピーを作成する
  • Windowsコンピュータでウイルス感染を防ぐために本物のウイルス対策ソフトウェアを使用してください
  • WindowsシステムでMS PowerPointアプリケーションを突然閉じないでください