修正されたPhotoshop CSファイルを修正

“私の友人は、Photoshopを使用する方法がないので、Photoshopで編集するための画像をほとんど与えませんでした。私は、Photoshop CSアプリケーションでそれらの画像を編集しました。その画像から傷やその他の悪影響を除去しています。編集作業が終わったら、エラーを修正するために一度チェックすることを考えました。しかし、チェックの時に、Photoshopは凍結し、肯定的な反応を示さなかった。長時間待ってから、私はコンピュータを再起動してPhotoshop CSツールを通常の状態に戻すことを考えました。しかし、再起動しても私の手助けとならず、Photoshop CSアプリケーションにアクセスできなくなりました。誰も私にPhotoshopのCSファイルを修復する方法を教えてもらえますか?

すべてのPhotoshopのバージョンと同様に、Photoshop CSユーティリティでも写真を編集、表示、印刷できます。同時に、組織的にイメージを管理することができます。しかし、Photoshop CSツールでエラーが発生し、その中にある写真の表示が拒否されることがあります。そのような場合は、Photoshop CSアプリケーションを修復することをお勧めします。 Windows OSベースのコンピュータでは、以下の方法でPhotoshop CSファイルを手動で修復できます:

  • 管理者アカウントを使用してWindowsコンピュータにログオンする
  • 画面の下にある[スタート]ボタンをクリックし、次に[コントロールパネル]をクリックします。 「プログラムと機能」を押します。コントロールパネルのメニューから
  • 「Adobe Photoshop CS」が見つかるまで下にスクロールしてください。 [変更または修復]オプションをクリックします
  • Photoshopのインストールファイルを再インストールするかどうかを確認するために「修復」を実行します(プログラムファイルのみが再インストールされ、編集された写真は削除されません)
  • "次へ"をクリックし、修復ウィザードから尋ねられたら "完了"をクリックします。 Photoshop CSがあなたのシステムで修復されました

しかし、この方法がうまくいかない場合は、Yodot PSD 修理という名前の特別なPSD修復ソフトウェアを使用してください。以下の原因により、PSDファイルにアクセスできなくなったときにこのツールを利用できます:

  • ヘッダーはPhotoshop CSを正常に機能させるために大きな役割を果たします。しかし、Photoshop CSアプリケーションの不適切な終了によりヘッダーが破損した場合、その上で編集された写真はアクセス不可能になります
  • Photoshop CSユーティリティで最新バージョンを使用して作成したPSDファイルを開こうとすると、破損してPSDファイルを読めない状態にすることがあります
  • Photoshop CSツールで作業中に予期せずシステムがシャットダウンすると、正常なPSDファイルが破損してしまう
  • Photoshop CSファイルのウイルス侵入は、破損の最も重要な原因です

破損したPhotoshop CSユーティリティを修復するソフトウェア:

Yodot PSD修理 ソフトウェアは、損傷したPhotoshop CSファイルを安全に修復し、レイヤーと対応するビットマップファイルとともに元のフォーマットで修復されたイメージを生成する高度なPSD修復ソフトウェアです。インデックス付きカラー、ビットマップ、グレースケール、RGBカラー、CMYKカラー、Labカラーなどのカラーモードに基づいて破損したPSDファイルを修正します。修復プロセスが3つのステップしか含まれていないため、修復プロセスを開始した時点と終了した時点を認識しないため、修復プロセスが完了するまでに時間がかかりすぎる必要はありません。 Photoshop CSに加えて、ユーティリティ 破損したPSDファイルを修復する Adobe Photoshop CS6、CS5、CS4、CS3、CS2、CS1、Photoshop 5.5、Photoshop 6.0、およびPhotoshop 7.0を含む最新のPhotoshopのすべてのバージョンからWindowsおよびMac OSベースのコンピュータにインストールできます。

Photoshop CSファイルを修復する手順:

  • Yodot PSD 修理ソフトウェアをダウンロードしてWindowsコンピュータにインストールしてください
  • インストールプロセスが完了したら、それを実行してPSDファイルの修復を開始します
  • 修正する必要がある破損したPSDファイルを選択して、[修復]をクリックします。
  • ソフトウェアが選択したPSDファイルの修復を完了するまで待つ
  • これで、CSイメージファイルの修復が成功したことを示すメッセージが画面上に表示されます
  • 修復されたPhotoshop CSファイルをプレビューし、最後にPCの希望する場所に保存します

考慮すべきポイント:

  • Photoshop CSファイルを閉じるときには必ず「終了」オプションをクリックしてください
  • いつでもコンピュータがウイルス攻撃の犠牲になる可能性があるため、適切なウイルス対策ソフトウェアをダウンロードしてください

その他の人気のソフトウェア

Yodot写真の回復(Windowsの場合)

削除、紛失したり、行方不明の画像、RAW画像、ビデオファイル、オーディオファイル、およびWindowsシステム上のメモリーカードやiPod、ハードドライブまたは取り外しドライブから他の文書を復元します。回復し、それらを保存する前に、メディアファイルをプレビューします。

 

Yodot PPT修理

正確なツール4簡単な手順で破損しているかアクセスできないMicrosoft PowerPointのファイルを修復する。 MSパワーポイント2000、2003、2007、およびWindows OS上で2010のバージョンを使用して作成PPTやPPTXプレゼンテーションファイルを修正します。