エラーを解決するPowerPoint 2007で指定されたファイルを開くことができない

それはこのように起こった。 私のいとこは仕事場でいくつかのPowerPointファイルを作成しました。 それらが作成されると、彼はそれをUSBドライブに保存し、それを私のラップトップに転送しました。 ノートパソコンのプレゼンテーションファイルにアクセスしようとすると、何らかのエラーメッセージが表示されました。 これは "エラーPowerPoint 2007指定されたファイルを開くことができません"このようになります。 それがシステムエラーであると仮定して、私はラップトップを再起動しましたが、エラーは再び想定されました。 今何をする? PowerPointプレゼンテーションは1週間で作成されました。 エラーを元に戻してファイルの内容にアクセスする方法 いくつか考えてください! ありがとう”

私たちが知っているように、Microsoft Office 2007 PowerPointは、何も考えずにファイルプレゼンテーションを作成するために使用される強く推奨されるユーティリティです。 これは、その高度な機能と簡単にオプションのリストを使用することは、新しいユーザーがトラブルに直面することなく、最高のプレゼンテーションを作成することができます。 ただし、時々このPowerPointファイルは内容にアクセスしようとするとエラーをスローします。 含まれるさまざまな問題があり、MS PowerPoint 2007エラーが原因で指定されたファイルを開くことができないシナリオについて簡単に知ることができます:

  • ウイルス感染: これは、Microsoft Office PowerPoint 2007ファイルが破損してアクセスできない原因となる、一般的に発生するシナリオの1つです。 PPTファイルがアクセスされるとエラーが発生するため、貴重な作業が失われます
  • ハードウェア/ソフトウェアの競合: ハードウェアに存在するファイルにダメージを与えるハードウェアとソフトウェアの競合が発生する可能性があります。これには、MS Office PowerPoint 2007のプレゼンテーション
  • ネットワークブレークダウン: MS Office 2007のPowerPointアプリケーションのアップグラデーション処理が実行されているときに突然のネットワークが壊れた場合、処理中のPowerPointファイルに大きなダメージを与える可能性があります

これらのエラーは毎回生成され続けており、Microsoft PowerPointユーザーは適切な指針がなければ、これらのエラーを克服することは難しいと感じています。 したがって、ここでは、Yodot PPT修復プログラムがあります。これは、PowerPoint 2007ファイルを効率的に最小限の時間で表示するというエラーを修正するタスクを簡単に達成できる素晴らしい機能を備えています.

PowerPoint 2007のエラーを修正する方法は、指定されたファイルを開くことができません?

Yodot PPT修理 Windowsシステムで破損したMicrosoft PowerPoint PPTX、PPT、およびPPSファイルを修復する必要がある場合に最も推奨されるアプリケーションです。 このソフトウェアは、PowerPoint 2007のプレゼンテーションファイルを修正し、クリップアート、テーブル、ハイパーリンク、画像、効果音、アニメーションなどのPowerPoint 2007ファイルのすべてのオブジェクトを単一の情報でも失わずに戻します。 「指定されたファイルを開くことができません」というMicrosoft PowerPoint 2007のエラーを修復する以外に、この修復プログラムは、破損した/ウイルスに感染したMS PowerPointファイルの結果として生成される他のタイプのエラーも簡単に修正できます。 この修復プログラムは、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、Windows 2003および2008オペレーティングシステムで動作するさまざまなPCまたはラップトップに簡単にインストールできます.

エラーを修正する簡単な手順PowerPoint 2007は指定されたファイルを開くことができません:

  • ローカルシステム管理者としてログインして、システムにYodot PPT Repairアプリケーションをダウンロードしてインストールします。
  • インストール処理が完了するとすぐに、デスクトップ上のショートカットアイコンを見ることができます
  • プログラムを起動し、ユーティリティのメイン画面にある簡単な手順に従ってください
  • [参照]ボタンをクリックして、エラーを生成している破損したPowerPoint 2007ファイルを選択します
  • ファイルが選択されたら、修復処理を開始する「修復」ボタンを押します
  • 修復処理が完了すると、ユーザーは修復処理が正常に完了したことを示すメッセージを表示できます
  • 修復されたPowerPointファイルをプレビューしてから、目的の場所に保存してください

心に留めておくべきこと:

  • Microsoft PowerPointアプリケーションをアップグレードする前に、適切なネットワーク接続を維持する
  • ウイルス対策アプリケーションは、どのシステムでも必須です
  • 重要なPowerPointファイルを別の記憶メディアに適切にバックアップしておくと

その他の人気のソフトウェア

Yodot DOC修理

修復し、破損した。DOCや損傷のいずれかのタイプのために動作しません。DOCXファイルから貴重なコンテンツを抽出します。シンプルで使いやすいインターフェースは、いくつかのキーストロークで破損したWord文書を修復するのに役立ちます。

 

YodotのZIPの修復

破損したZipファイルを持っている? Yodotジップ修復ツールの修理、およびためCRCエラーのアクセスできない、または破損されたZipファイルからZipファイルの内容を回復し、ダウンロード·エラーなどのソフトウェアは、Zipファイルの迅速、安全かつ簡単に修理を提供します。